やさぐれマクロビアン

 全くスローライフじゃないマクロビアン。オールシーズン山・岩・氷に向かっている。そんな日々の日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサント

 皆さん モンサント って知ってますか?

 札幌の円山にある老舗洋菓子店。みたいな名前ですよね。

 その正体は恐ろしい悪徳多国籍企業です!

 アメリカに本社があるアグロバイオ企業。世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル企業。だそうです。

 今日、いつもお世話になっている「カフェ知恵の木」さんの主催イベントで、このモンサントの恐ろしい実態を暴いたドキュメント映画が上映されました。上映後には活動の拠点を福島から北海道に移された、食べると暮らしの研究所の安斎伸也さんのトークライブも。

 monnsannto+002_convert_20121118001139.jpg

 会場には100人を超える観客が!老若男女、様々な社会的立場の方がおられた様です。皆さんの意識の高さには驚きました。私なんかは今日の今日まで、この恐怖を全く知らずに生きていました。

 日本はGM作物をもうすぐ受け入れようとしている!そしてそれが引き起こす悲劇は、原発に手を出してしまったことに匹敵する、取り返しのつかない悪夢。確実に結局全員が不幸になる選択です!絶対に許してはならない、この北海道の地に、あの恐ろしい作物が作付されることを想像すると、安斎さんじゃないですけど、「もう死んだ方がいい。」とさえ思います。

 このモンサント、実にひどい企業です。この映画の内容が事実ならば、勧善懲悪状態です。一方聞いて沙汰するなという言葉もありますし、モンサントにだって良いとこあるんじゃねぇか?と思ってみましたが無理でした。

 モンサントはラウンドアップという除草剤と、それに耐性をつけるために遺伝子操作を行った作物のタネとをセットで売りつけます。このラウンドアップがまず恐ろしいんです。製造工場の周辺地域の住民に深刻な公害を起こしています。腫瘍や白血病、肝炎、といった恐ろしい病気の他に胎児への影響(IQが低くなる)を引き起こしています。
 もちろん散布した土壌の住民にも健康被害が出ています。

 このほかに、搾乳量が増えるという触れ込みで牛成長ホルモンを開発しました。これを投与された牛は、卵巣に異常な肥大を起こし、乳腺炎となり、そのミルクには炎症のために膿が混入しています。

 アメリカの遺伝子組み換え大豆を育てる農場主も映画の中でインタビューに答えています。年に二回のラウンドアップの散布で除草の必要がかなく大変楽だと。

 どんだけ強い薬なんですかそれ。それに耐えれる大豆ってモンスターじゃないですか。

 インドでは遺伝子組み換え綿花が栽培される様になって、借金苦で自殺する農家が激増している事実があります。綿花に病気が付き、言ってるほど採算がとれない。一度遺伝子組み換え作物を植え、ラウンドアップを散布した土壌は汚染され、そうでない作物を育てることはできないのです。

 その上「特許」を振りかざし、種をとっておき栽培することを禁じている。Gメンみたいのが捜査に来て、彼らのいう「不正」を行ったとされる農家は裁判沙汰にされ、破産するまでに追い込まれる。

 種の値段はどんどん上がり、この映画が製作された2008年の時点で、インドの綿花農家が購入させられていたモンサントのタネの値段は4倍になっています。

 遺伝子組み換え作物の栽培を認めていない国のトウモロコシのDNAからも、組み換え作物のDNAが検出されています。これは自然交配の中で仕方のない現象なのかはたまた・・・・。

 日本に住む我々も、ほぼ100%、遺伝子組み換え作物が原材料に使用された食品を摂取しています。「表示義務」にあるいくつもの抜け穴のせいで、私たちはその事実を知ることが困難になっています。

 DNAが操作された作物を摂取し続けることで、私たちにはどんな影響がでるのでしょうか?遺伝子って人間にあてはめてみても、たった一か所ほんの少し違うだけで、重大な先天奇形や代々受け継がれる様な病気を引き起こしてしまうもの。そんな大事な設計図を人間によって書き換えられた「それ」は全く別のものになっているんじゃないでしょうか?

 遺伝子組み換え作物を受け入れて行くということ、それは結局世界中の農家が、モンサントとアメリカ国家の中枢にいる一部の権力者を、ますます裕福にするためだけに働くことになる。ということを意味しています。
 
 日本でもあの有名な製薬会社が、その製造の権利を取得して悪銭を稼ごうと、野田さんに遺伝子組み換え作物を受け入れる様に迫っているとか。

 これは確実にごく一部の悪すぎる金持ちを肥え太らせるだけのもの。作物と言うより、 兵器です。

 日本における遺伝子組み換え作物の生産は、何が何でも許してはいけません!日本が島国であることが救いだとさえ思います!もうホントに危なすぎる!鎖国しましょう!とさえ言いたくなります!!

 モンサントの社員食堂では遺伝子組み換えの食材は使用されていないのです。絶対に遺伝子組み換え作物を原材料に使用しません。とうたっているケータリングの専門業者に外注しているそうです。

 (残念ながら数年前国産のナタネを調査したところ、遺伝子組み換えのナタネが生息していることが判明したというニュースを見ました。)

 この映画、機会があるなら必ず見た方が良いと思います。対岸の火事が、もう隣の家まで迫ってきました。知らないうちに、政府にこんな恐ろしい事を許可されたら困ります!ぜひ見て下さい!

 monnsannto+001_convert_20121118000846.jpg
 猿払在住の友人のおばあちゃんが送ってくれる素晴らしいお野菜。

 久司先生が讃える北海道の素晴らしい野菜。これを失ってはいけません!!!
 

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://climbingboo.blog.fc2.com/tb.php/142-7e8d84b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【モンサント】

 皆さん モンサント って知ってますか? 札幌の円山にある老舗洋菓子店。みたいな名前ですよね。 そ

 | ホーム | 

プロフィール

カム&ナッツ

Author:カム&ナッツ
マクロビオティックを始めてから、年々強靭になって行きます。とうとう40歳!今の方が明らかに20代の時より強いです。どこまで行けるかな!
看護師・KIJマクロビオティックアドバイザー(←語らないほうがいいかも!)

来て下さってありがとう

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。