やさぐれマクロビアン

 全くスローライフじゃないマクロビアン。オールシーズン山・岩・氷に向かっている。そんな日々の日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の外観

 今日は家の外観、ドアや窓、シャッターの色、室内の色といった所を決めてしました。

 全体的な家のイメージは「北海道の小さな古い学校」です。木の外壁に赤茶けたトタン屋根と言った様な感じです。私達の家は上部が板金、下部が板張りの二色使いですので、この色の組み合わせを選んで来たわけです。

 実際に光を受けた時とか、大きな面積になった時のイメージって付かないものですね。

 周囲に緑の多い環境ですので、そこに建っていることをイメージして選んできました。私が唸っている間、担当大工のKさんはずっと木と板金を重ねて持って立っていてくれました。

 「現場に最初から最後まで関わります。」と紹介を受けた、丸三ホクシン建設の大工Kさんは若い大工さんです。私がキッチンのイメージを膨らませるために持って行った本を熱心に見て、自分のイメージを膨らませているお姿を見て、「現代の大工さんってこんな感じで柔軟なんだな~」と何気なく思っていたのですが、帰って来てHPのプロフィールを見て納得。

 Kさんは建築士を目指して勉強中(というかお名刺にはもうその資格があったように思いますが?)とありました。建築士の感覚があって、感性を磨く努力をしておられる方に家を建てて頂けるというのはけっこうラッキーなんじゃなかろうか?と思いました。

 「丸三ホクシン建設は全員が大工の技能集団」と言われていますが、今までお会いした皆さんには共通イメージがあります。

 物静か。声のトーンも抑え気味。ガハガハ笑わない。会話中に訪れる定期的な沈黙の間にそれぞれが色々な事を考えている。

 大工さんと言えばガテン系という貧相な想像力の私からしたら、「紳士の大工集団登場」ですよ。

 丸三ホクシン建設の大工さんで素晴らしいと思った点の一つに服装があります。皆さん会社名の入ったスラックス型の作業着です。

 実は私の夫は元大工(北海道の住宅メーカーの下請け大工に限界を感じて辞めました)。北海道に来て、とび職ではない普通の大工や内装屋さんが、何故全員寅一のニッカポッカ履いているのか?と不思議だったと話していました。

 確かに北海道の建築現場では多く見ますよね。それもどんどんエスカレートして「歯止めの利かない単ラン・ボンタン」みたいになっている人を見ることもあります。頭にはタオル、鎖の付いた長財布を尻のポケットに入れている・・・・。

 夫は北海道で大工をしていた頃、あの服装は大工にとっては全く機能的ではないと言い、普通の作業着を通していました。そんなことから、私の中でも(ともすれば柄の悪ささえ感じる)あの服装を選択している大工に対してプロ意識の低さを感じる様になっていました。

 でもそういうことが全てに現れると思うんですよね、近所に与える現場の雰囲気とかにも影響があると思いますし。

 実は私、事務所に打ち合わせに行くと時々現れる大工さん達を目にして、その服装に「流石だな。」と思っていました。

 この人たちなら綺麗な現場仕事をしてくれそうだなと思っています。

 大手住宅メーカーに建築を依頼した場合、下請けの大工さんまで自分の意志で選ぶことはできませんよね。でも実際にはその現場に通って家を建てるのは大工さん達ですから、本当はもっとも大事なことだと思うのです。

 私はそこを信じられなくて心を擦り減らす様な家作りをしたくはありませんので、丸三ホクシン建設に決めてやっぱり良かったと思っている所です。

 今回の打ち合わせで大工のKさんに「玄関のコンクリートを塗るときは、佐官工とお客様で玉を埋めたり一緒にやりますんで覚えといて下さいね。」と言われました。

 実は私、即座に「やっといてください。」と言いそうになっていました。別にいいやと。

 でもKさんの優しいお顔立ちから、優しい声で「そうやってますんで。」と言われると、それも素敵なんじゃないか?と思いなおしました。

 頂いていた「スローハウス心地よく暮らすために」という本に、コンクリートにもみじをあしらっていた写真があったことを思い出し、あれは素敵だったと言うと、「それまでに好きな葉を集めておいてくれたら使えますよ。」と言ってくれました。

 普通行程をガンガン急がされることが多い建築現場にあって(夫が大工でしたので家族として実感があります。)私の方が家を建てることをイベントとして考えて参加していくという事を教えられることになろうとは。

 幸せですね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

 

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://climbingboo.blog.fc2.com/tb.php/204-9ed2ec44

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

カム&ナッツ

Author:カム&ナッツ
マクロビオティックを始めてから、年々強靭になって行きます。とうとう40歳!今の方が明らかに20代の時より強いです。どこまで行けるかな!
看護師・KIJマクロビオティックアドバイザー(←語らないほうがいいかも!)

来て下さってありがとう

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。