やさぐれマクロビアン

 全くスローライフじゃないマクロビアン。オールシーズン山・岩・氷に向かっている。そんな日々の日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫のミステリーツアー水族館編

 夫が数ヶ月前から、行き先も観光目的も伏せた旅行プランを立てていました。

 調べ事をしている時に急に覗いても、日記を書いている所を急に親に見られた乙女の様に上半身を使って書類を隠し、時に誘導尋問をしかけてみても、もう少しと言ったところで自白しないと言う徹底ぶりでした。

 さすがに出発が近くなった頃、寒いか暑いかだけでも教えてや!という私の要求に「北見方面」とだけ返答がありました。北海道は広いので、同じ時期でも各地で気温の差が大きいのです。

 「北見方面」というヒントで服装を決めて、夫の運転する車でミステリーツアーに出発しました。


 宿泊地は留辺蘂の「おんねゆ温泉」でした。ここで連れて行かれたスポットが、想像以上に楽しくて(素晴らしい施設だと思いました!)びっくり!


 その施設の名称は 「山の水族館」 です。

 こちらはとっても有名な水族館プロデューサーがプロデュースしたものらしいです。なぜやってくれたのかはヒミツということでした。

 旭山動物園で話題になった「行動展示」のお魚バージョンという感じに加えて、その芸術性の高さがすごい所でした。

 かなり癒されます。

 ミステリーツアー+025_convert_20130624112356

 入口を入ってすぐの所にある滝壺(を下側から見る)展示。あの泡立った滝壺の下にはこんな世界が広がっているのですね~。ブルーが効果的に使われています。

 ミステリーツアー+033_convert_20130624112500

 「北の大地の四季」という水槽。こちらは外にあって、冬は氷が張った下で魚たちが暮らしている様子が見られます。

 ミステリーツアー+035_convert_20130624112605

 私は鳥類と爬虫類と魚類が好きで、この3つのどれかは人生で切らせたことがありません。今はインコと亀を飼っています。共通する好きなところは、この感情があまり感じられない顔とまんまるの離れた目!水槽の中の魚たちはすごくこちらを意識していて、カメラを構えていると、カメラ目線で上手にホバリングして停滞してくれたりするんですよ!(餌かどうかを吟味しているだけでしょうか?)

 ミステリーツアー+052_convert_20130624112932
  
 美しいこの水槽は、幻の魚と言われる「イトウ」の水槽です。綺麗ですよね~!この水槽の前には大きなベンチがあって、夫と二人でしばらくぼんやり眺めていました。

 この水槽の中央奥側には、まるで湖に沈んでいる様な大きな木の根っこが一本あるだけ。その下にも大きなイトウが潜んでいて、自然界でもこうやって静かに暮らしているんだろうな~と、だから人間になんかに釣られないんですよと思いましたね。

 そこに漂うイトウ達を眺めていると神秘的な現象を見ている様な気さえしました。もしこの水槽が、自然の環境をリアルに再現しようとしていたらこうはならなかったと思うと、センスが光るな~と感心しましたね!(支笏湖の事を考えると、彼らが住む自然の環境はこんな感じなのかもしれませんが。)

 ミステリーツアー+051_convert_20130624112847

 イトウに癒される40女。大きいでしょ~!大きい物で2mに達するらしいです。鮭は産卵すると死んでしまうけれど、イトウは何度も産卵します。

ミステリーツアー+059_convert_20130624113013

 イトウは漢字で魚片に鬼と書きますが、とっても優しそうです。この一匹がずっと私の傍を泳いでこちらを見て
いました。

 世界中の淡水の生き物も展示されています。

 ミステリーツアー+081_convert_20130624113437
 大きな魚の泳ぐ姿には癒されますよ。

 熱帯の魚を撮影していて、実際の色が出ない事に気付きまして。

 ミステリーツアー+083_convert_20130624113523

 魚だし、ひょっとしたら「お料理モード」にしたら綺麗に写ったりして!とモードを変えてみたところ・・・。

 ミステリーツアー+101_convert_20130624113844

 なんだかちょっと良い気がしませんか?

 ミステリーツアー+103_convert_20130624113737

 やっぱり魚はお料理モードが一番良く写りますね!(ブラック)

 大好きな亀もいました。その名もブタバナナントカって見たまんまのかわいい奴でした。

 ミステリーツアー+107_convert_20130624113955
 同居の魚達にもなめられているのんびり屋の彼。眠る姿を見つめていると・・・。

 ミステリーツアー+110_convert_20130624114038
 んんん?なんだ~?

 ミステリーツアー+111_convert_20130624114117
 なんかようかい?(左手の踏ん張りがキュート)

ミステリーツアー+095_convert_20130624113637
ミステリーツアー+072_convert_20130624113242  ←ピラニア
ミステリーツアー+066_convert_20130624113152
ミステリーツアー+063_convert_20130624113111

 魚たちは人を確認するとみんなこうやって近寄ってきます。これがたまらなくかわしいと思ってしまいます。正面からがたまりません。

 このほかにも魚が川を遡上する所を見ることができたり、餌やりの時間も表示されていて見ることができます。

 それからテレビなどで見て、一度は体験したいと思っていたことをすることができました!

 ミステリーツアー+048_convert_20130624112717
 あのドクターフィッシュですよ!「角質」という言葉に敏感なお年頃ですからね~。くすぐったくて楽しい感覚でした。

 この山の水族館、入場料大人670円(年間パスポート1000円)です。それほど大きくない施設ですが、私達は2時間近く楽しみました!お家に近かったら絶対年パス買ったよね!って夫婦で大満足でした。

 近くに行かれるなら寄られることを絶対オススメします!

 

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://climbingboo.blog.fc2.com/tb.php/224-87dff27c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

カム&ナッツ

Author:カム&ナッツ
マクロビオティックを始めてから、年々強靭になって行きます。とうとう40歳!今の方が明らかに20代の時より強いです。どこまで行けるかな!
看護師・KIJマクロビオティックアドバイザー(←語らないほうがいいかも!)

来て下さってありがとう

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。